有料レンタルサーバーとは?その種類について

有料レンタルサーバーを取り扱っている業者は数多くあるのですが、どこのレンタルサーバー業者であっても、必ず、共用サーバーと専用サーバーというどちらかのタイプかを選ばなくてはなりません。

共用レンタルサーバーとは、利用者が複数います。

サーバーを借りているといっても、自分だけで使用しているのではなく、住まいといえばシェアハウスの一室を借りているという様な感じでしょうか。

一つ屋根の下なので、他の利用者の影響を受けやすいという特徴があります。

ただし、シェアハウスと一緒で、借りる費用についてはレンタルサーバーの中では最も手軽に借りられるリーズナブルなものがたくさんあります。

その他、使用についての制限があったり、容量が大きくなかったりと不便も少しある場合があります。

専用レンタルサーバーとは、共用サーバーと反対にサーバーを独占できるタイプのレンタルサーバーです。

共用サーバーがシェアハウスだとすれば、専用サーバーというのは一戸建てと言った感じでしょうか。

既に立てられている戸建て住宅ではなく、これから設計をしていく段階の一戸建てになります。

共用サーバーよりは費用が高くなりますが、その分の安定感や耐久性を期待することができるので、専門的な利用などもする事ができます。

その他に、VPSといって、マンションの何もない一室を借りるというサーバーもあります。

共用サーバーより高く、専用サーバーより安いという特徴があります。

最近注目されているクラウドについては、マンションのワンフロアを全て貸し切るという様なサーバーで費用は高くなりますが、その分融通が利きます。

関連サイト⇒クラウドのメリット・デメリットとは? – 【とはサーチ】