仙台市で土地購入する際にかかる諸費用について

仙台市で土地購入する際にかかる諸費用について

土地を購入しようと考えるときには、ついつい土地の価格にばかり目がいきがちです。

しかし、考えなければいけないのはそれだけではありません。

土地は、購入にともない、諸費用というのも発生します。

以下に諸費用について簡単にまとめましたので確認してみてください。

・仲介手数料:仲介業者に支払う費用。

売買価格(税抜)×3%+6万円)×消費税1.08\。

契約時に半分、決済時に残り半分を払うのが一般的。

・登記費用:土地の所有権変更や抵当権設定登記に必要となる費用。

手続きを司法書士に依頼する場合は、その報酬も必要。

・ローン手数料:ローン手続きに対する費用。

銀行によって異なる。

・印紙税:ローン契約時に納める税金。

印紙を貼ることで納税となる。

・固定資産税:土地を所有することで課せられる税金。

所有権移転日以降から発生する点に注意。

基本的にはこれら5つです。

ただし、土地を購入して整備が必要な場合は、整地や地盤補強などの費用も発生してくるので頭に入れておきましょう。

また、農地転用する場合は要注意。

仙台市でも青葉区などの都市部で土地を買う人はあまり関係ありませんが、仙台市の都市部から離れたエリアで土地購入を考えている人は、農地転用も視野に入れているかもしれません。

農地転用をするには届け出が必要となります。

その場合、行政書士に依頼することになるため、その報酬(10~20万)も必要となってきます。

諸費用の具体的な額は、土地や仲介業者によって異なります。

気になる土地が見つかったら、業者に早めに見積もりを依頼しましょう。

コメントは受け付けていません。